2022年01月25日

コロナ騒ぎの終焉について

弱毒オミクロン株に対して、初期の新型コロナと同じ対応をしているから医療逼迫が起きて社会が壊れるのです。
まず「新型コロナウィルスは無くならないので共存していく」という前提に立てば世の対策の可否がみえてきます
要するに 皆感染して免疫がつかないと収まらないのです。
急激に感染して肺炎などが増えて入院できないような事態になれば困るので、昨年までの新型コロナの対応はある意味仕方が無かったと思います
しかし、今回の新型コロナOMICRONは肺炎になりませんから、インフルエンザ以下の脅威でしかありません。
①海外からの水際対策× すでに市中感染していて水際対策は意味がありません
②有症状者のPCR △ ある程度の数の把握は必要でしょうが全員にしても意味がありませんし全員つかまりません
③濃厚接触者の隔離 ×症状もない人の隔離は必要ありません
④幼稚園児、小学校の休校 ×インフルエンザは子供の脳症もあり危険ですが新型コロナは子供には只の風邪でしかありません
⑤まんぼう、緊急事態宣言 ×飲食店の数時間の時短に何の意味があるのでしょうか? 現在家庭内感染が主といわれているのに、全く非科学的で飲食関係のイジメとしか思えません。知事の権限をふりかざして”やってる感”の演出効果しかありません。もちろん知事一人で判断できるわけでは無く、バックに煽りの専門家が提言するのでしょうけれども・・・。

”オミクロン株はまだまだ怖い”
”ワクチンはある程度しか効かないけど 接種が望ましい”
とバカな事をいう専門家がTVに出なくなり、
一般国民の関心も薄れて
”あんな風邪で騒いで病的にマスクしていた頃があったね”
という話になる頃、収束したことに気づくのだと思います。



posted by yukinouenounko at 10:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください